溶剤塗装

溶剤塗装とは・・

溶剤塗装は、一般的な塗装方法で、歴史が長く、塗料の樹脂を溶剤で溶かして使用し、これをエアガンや静電塗装機を使って品物に塗布します。近年では、水で薄めて使用する水性塗料が実用化されています。

溶剤塗装の特徴

信頼性
溶剤塗装は長い歴史があり、データも豊富で高い信頼性を持っています。
色彩
原色が多く、無数の色を表現できる。メタリックや模様などの対応も豊富です 。
対応力
塗料の種類が多く焼き付け乾燥か自然乾燥かなど、被塗物に応じた塗装方法が可能です。
塗料の組み合わせで様々な要求に対応でます。(粉体との組み合わせも可能)